男性型脱毛症と言われるAGAの改善に効果的な方法

笑っている男性

薄毛の治療

医師と看護師

薄毛の原因

男性も女性も年齢を重ねると髪の毛が薄くなりますが、男性の場合は特に髪が薄くなりやすく老齢になるとまったくハゲてしまう人も多くいます。これは老齢性脱毛症と呼ばれるもので生理現象とも言えるものですが、一方で年齢的に薄毛になるのには早い人がなる場合にはAGAと呼ばれます。AGAは男性型脱毛症のことで老齢になる前に薄毛が進行してしまうといったものです。薄毛が一度でも進行すると回復させることが困難であり、治療を行うことで進行を食い止めることが可能です。AGAの原因としては男性ホルモンが影響することが判明しており、そのためAGA治療では、この男性ホルモンの働きを抑える薬を服用することで治療効果を得ることができます。

対策方法

AGAの治療方法としては、その根本的な原因である男性ホルモンの働きを抑えるというもので、フィナステリドが含まれた薬が処方されます。フィナステリドはもともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されたものですが、副作用の効果として増毛作用がありAGA治療薬のプロペシアなどに使われるようになった経緯があります。ただしフィナステリドの効果はあくまでも原因となっている男性ホルモンの働きを抑えるというもので、発毛そのものには効果がありません。ただ抜け毛の原因をなくすことで多くのケースで発毛の効果を得ることが可能とされています。またAGA治療では、このほか毛根細胞を刺激して発毛を促すミノキシジルによる外用薬や毛を生やすのに良いとされる栄養素が含まれたサプリメントなどが処方されます。