男性型脱毛症と言われるAGAの改善に効果的な方法

笑っている男性

若ハゲと言われないために

笑顔の男性

早い人では30代から

男性には男性の悩みがあります。特に髪の毛に対するコンプレックスを持っている人は多く、抜け毛が早い人では30代から始まるのです。このように早くから薄毛になってしまう人のことを、若ハゲと呼ぶことがありまずが、薄毛に悩む本人にとってはとても傷つく言葉なのです。それではなぜ、このような若い男性に抜け毛が起こるのでしょうか。その答えは、男性に多く分泌される男性ホルモンが関係しているからです。男性ホルモンは、体内における代謝過程で、ジヒドロテストステロンに変換されます。しかし、このジヒドロテストステロンが若ハゲを引き起こす張本人なのです。即ち、ジヒドロテストステロンが、髪の毛の誕生と成長を司る毛母細胞に悪影響を与えてしまうのです。

治療も可能です

ジヒドロテストステロンによって男性が薄毛になることを、AGAと言います。しかし、AGAは病気ではなく、あくまでも親から受け継ぐ形質なのです。そして今では、AGAを効果的に治す医薬品が開発されています。AGA治療薬の有効成分は、フィナステリドと呼ばれる医薬品で、ジヒドロテストステロンを作り出す酵素を阻害することによって、薄毛の改善効果が現れるのです。そして薄毛改善効果は、AGA治療薬を服用して半年ほどして現れることが多く、根気よくAGA治療薬を飲み続ける必要があります。また、薄毛改善効果が現れてからも、再発予防のためにAGA治療薬を服用し続ける必要がありますから、経済的な負担も考えながら治療を行うことが大切です。